*失敗しない作り置きのコツ*

f:id:miyanoheya:20210916115509j:plain

作り置きのメリットは、何といっても当日の調理時間が短縮できること。忙しい毎日、帰宅後に一から調理をするのは至難の技ですよね…。そんなときの救世主とも言えるのが、使い回しのきく料理をまとめて作っておくことです!!!

作り置きとは

時間があるときに料理をあらかじめ作っておき、保存しておくことを指します。保存期間の目安は夏場は2.3日冬場は1週間前後です。

作り置きに適した食材一覧

◆根菜類◆

  大根
 にんじん
 ごぼう
 れんこん
 かぼちゃ
 じゃがいも
 さつまいも
 なす
 ズッキーニ
 たまねぎ 

◆きのこ類◆
 シイタケ
 エノキ
 エリンギ

◆その他◆

 ピーマン
 長ねぎ
 もやし
 キャベツ
 ほうれん草
 小松菜

  1.  

作り置きの注意点

①保存容器の消毒

容器にカビや菌が付着しているまま長期保存するのは食中毒の原因になるためしっかりっと消毒することが大切です。昔はお弁当を作る際に梅干しをお弁当箱に塗るというやり方もありましたが、お弁当に比べて長期保存期間が長いので消毒グッズをうまく利用するのもおすすめです。

 

 

 

 

②保存容器に移す際は粗熱をとる

タッパー保存をする際に素材によっては熱に弱く割れてしまうことが稀になります。これから作り置きを始める方は予め”耐熱容器”を購入することをお勧めします。

 

 

 


③調味料・小麦粉の賞味期限には細心の注意を払う

もし、調味料や粉ものをシンク下保存されている方がいたら要注意です。使う頻度が少ないので収納したくなる気持ちもわかります...。しかし、湿気が多いためカビの繁殖の原因になるので気を付けましょう。また、小麦粉に含まれているたんぱく質が変質による食中毒リスクがあるので、賞味期限が切れていたら速やかに処分するようにしてください。


④水気をしっかりととる

野菜には水分が多く含まれているので保存していくと水分がさらに出やすくなります。味が薄まるだけでなく、傷みやすくなる原因につながるので水気をこれでもかというぐらい切るようにしてください。また、野菜を洗った際はキッチンペーパー等でしっかりふき取るか、サラダスピナーを活用するのもおすすめです。

 

 

まとめ

作り置きは時間短縮でき空いた時間で他のことができるので忙しい方にはオススメです。注意点をおえて、日々の暮らしを楽にできたらいいなと思います。それではまた次回お会いしましょう♪♪

 

 

 

*片付けの優先順位*

f:id:miyanoheya:20210914091752j:plain

部屋を片付けるときまず何から始めていいかわからず、結局片付けをリスケした経験はありませんか?ちなみに私は何度もあります…(笑)

 

今日は片付けをいざ始めるときの優先順位のつけ方について書いていきます。

 

 

片付けの第一歩

私の部屋がまだ汚部屋だった頃、半年に1回程度の周期で掃除のやる気スイッチが降ってました。しかし、いらないプリント類、小物、洋服が乱雑にあった部屋を見ると何から始めていいかわからなくなり、結局現実逃避していました......

そんな私が見つけた掃除のやる気スイッチ。それは片付け作業の優先順位を付けたことでした。

  1. 不要なプリント類を処分する
  2. いらない小物をじゃんじゃん捨てる
  3. 至る所に置いてる洋服は全部洗濯機に入れる
  4. 掃除機をかける
  5. 床拭きをする

この作業工程には、ちゃんと理由があって、捨てられるのもを先に捨てると床にスペースが生まれ、片付けが進んでいると自分自身気が気付きやすくなります。また、小物類は使わない場合は捨てていきます。この時ばかりは執着心との葛藤があるのですが、『もったいなけど捨てた』という行為が、次回以降購入する際に捨てた記憶を思い出して無駄遣いしなくなるストッパーの役目も果たしてくれます。また、洋服は少ししか着ていないものを数日間置きっぱなしにしてしまうと、見えない汚れの黄ばみ化の原因になるので、洗濯機に入れちゃいましょう。

1~4の作業が終われば後は掃除機でほこりや髪の毛を吸い取り、床拭きするだけできれいなお部屋になります。

 

 

掃除の作業効率をあげるには

そうはいっても、掃除がめんどくさくて無理…という方に朗報です。人は、今からするアクションがどのくらい時間がかかるか不透明だとゴールが見えずだらだらと作業しまいます。めんどくさいなと思わせない為にも作業にかかる時間を見立ててから行うと格段に片付けの作業効率は上がります。

 

片付け・掃除のモチベーション維持方法

例えば、作業内容に見立ての時間を紙に書きだすと

  • 散らばった洋服を洗濯する・・・約30分
  • いらないものを捨てる・・・約20分
  • 掃除機をかける・・・約5分
  • 床拭き・・・約10分

合計約1時間で終われる。という具合に終わる時間(=ゴール)が明確になり片付けや掃除のやる気スイッチで入ります。そしてこの見立てを継続的に行うことで片付けや掃除の作業スピードが上がり、習慣化できるようになってきます。

 

 

片付け・掃除をしたらできること

片付けや掃除が習慣化されると、部屋に余白が生まれ色んなインテリアを楽しむことができます。最近私は韓国インテリアにはまっているのでこの夕日ライトが気になっています。

 

昔はインテリアに全く興味がなかったのですが、いらないものを処分して余白が生まれてから、自然とインテリアやホテルライクな部屋を探すようになりました。

 

 

また次回もお会いしましょう♪♪

 

 

 

 

 

 

*リバウンドしない片付け方*

 

f:id:miyanoheya:20210914103509j:plain

 

この写真、実は私も昔は気が付くとこんな風景でした(笑)

たまに片付けてもあっという間に元通りに…。

その時は気が付かなかったのですがあることに気づいてから汚部屋にリバウンドしなくなりました。今日はリバウンドしない部屋についてご紹介していきます。

 

 

 

床に物を置いてしまう理由

ついつい物を床に置きたくなりますよね…

  • ネットで購入した商品を箱から空けてない
  • ちょっとしか着ていない洋服の仮置き状態で半月経過
  • どこに置いていいかわからない小物

床に置いてしまう理由に共有するのが『物の住所がない』ということです。

では、どうしたら床に物を置かなくなるでしょうか。

 

物を床に置かなくなる方法

結論から言うと、『物を収納する住所を作ること』

  1. 洋服はクローゼットにかける
  2. 小物類は専用のBOXを作り入れる
  3. 届いた荷物はすぐに開けて段ボールはたたむ

簡単なようで、仕事や家事で疲れているとどんどん蓄積してし、あっという間に先ほどの写真の風景になってしまうのです。

 

物の住所を作るメリット

物の住所を作るのは面倒だな…と思いがちですがメリットがたくさんあります。

  1. 部屋をキレイに保てる
  2. 頭の中が整理されていいアイディアが浮かぶ
  3. 視界に映る物が減るため情報処理能力が向上する
  4. 空いたスペースでヨガ等の運動ができる

その他にも人によっては疲れが蓄積されなくなる方もいるようです。

部屋の乱れは心の乱れを移す鏡と言われたりもします。部屋が乱れているときは仕事やプライベートでも何かのストレスを抱えている状態なのかもしれません。モヤモヤした心理状態を取り除くためにも定期的な片付けをするのが理想的と言えます。

 

 

番外編『お掃除ロボット

物の住所が決まるともう一つのいい効果があります。

それは掃除をお掃除ロボットにお任せできる!のです。お掃除ロボットは出かけている間に掃除してくれるので床に落ちているホコリや髪の毛を吸い取ってくれ、大変便利なのですが、さらに言うと、床に荷物を置かなくなるためのモチベーションを保つことにも有効です。

 

 

 

最近ではスマホとリンクして隅々までごみを吸い取ってくれるので掃除機をかける時間が省けてその分を別の作業に使えるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

*クローゼット収納のコツ*

f:id:miyanoheya:20210914091759j:plain

 

皆さんはこの写真を見たときにどのような印象を受けましたでしょうか?

 

余裕のあるスペースに洋服がお行儀よく並んでいますね。しかしこんなのは撮影用だ…と思う方がいるかもしれません。整理整頓が苦手な方でも、ある3つのコツをマスターするだけで常にこの状態を保てる方法があるのです。私が家事代行する中で洋服の整理についてよくご質問を頂きます。断捨離することも大切ですが3つのコツをマスターするだけで格段にスッキリします。

 

そこで今日はクローゼットをスッキリさせるコツを3つご紹介します。

 

①タンスは自分の目線に合わせたものを選ぶ

自分の目線よりも高いと日々の生活の中でめんどくさくなり使わなくなります。逆に自分よりも低すぎると腰をかがむ姿勢が億劫になります。

 

②ハンガーは色・形を統一させる

厚みのあるハンガーや統一感のない色はそれだけで視界に入る情報が多くなりごちゃごちゃする印象を与えます。逆に、ハンガーを統一するだけで他のことはしなくてもすっきりした印象になるのでおすすめな手法です!

 

ちなみにハンガーの統一性で私が愛用しているのはこの型崩れしないハンガーです♪

私はこちらのハンガーの白色で統一しています。私は洗濯物をたたむ時間を省くために洗濯物をこのハンガーに干して浴室乾燥機でしっかりと乾いたらそのままクローゼットにしまっています。

 

③8割収納で余白を作る

使わない洋服はしっかりと洗い収納ボックスにしまいましょう。目には見えない汚れは1年間放っておくと黄ばみの原因になるので洗ってからしまいます。そうすることで洋服選びの時の無駄な選択肢が消えます。クローゼットは限られたスペースしかない為、日々使うものだけにすることが重要です。

  

  

 

 

 

クローゼットがスッキリすると洋服選びの時間が短縮できるので朝の貴重な時間が増えます。

 

私は元々片付けが苦手だったのですが、朝バタバタしながら洋服選びをしていた時を知っているからこそクローゼットをスッキリさせたことにより心の余裕が生まれたと実感しています。

 

 

 

 

 

それではまた次回お会いしましょう♪♪

 

 

*自己紹介*

 

f:id:miyanoheya:20210914094035j:plain

 

はじめまして!

趣味が整理整頓のミヤです。

 

学生時代にペンションでアルバイトしていたこともあり社会人になってから土日の空いた時間に家事コンサルティングをしてかれこれ6年以上してきました。

 

掃除、片付け、整理整頓、断捨離、作り置き…

様々なお家のお困り事を解決してきたそんな私の培った経験をこれから少しづつブログにまとめていこうと思います✨

 

 

どうぞよろしくお願いします♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

【スーパーフードがたっぷり】パーソナルスムージーならGREEN SPOON!